メメントモリとカルペディエム。


こんにちは。

DirtyKennyです。

全国の皆さん。
台風の影響のほどはいかがでしょうか。

こちら岐阜県多治見市では、報道で予測されていた内容とは違い、
ちょっと強めの雨と風が短時間あっただけで済みました。

全国には甚大な被害を受けられた地区もあるようです。
中には身近な方が被害にあわれた方もおられるかと思います。
心よりお見舞い申し上げます。

今回何の被害も受けなかった方々も、
他人事と感じることなく、「次回は我が身。」の精神で、
災害に備えましょう。
言い方悪いですけど
「明日、死ぬ可能性がある。」
だとしたら今日すべきことは何なんでしょう。

自身の親がご健在の方。
同居されていない方も沢山いらっしゃることと思います。
実家に年何日帰られてますか?
数日という方がほとんどでしょうか。
親に限ったことではありませんね。
親戚や友達なども同じですが、
「年何回会うか×あと何年両者が生きているか」が
その人と会える残りの日数です。

僕の場合、60を超えた両親に基本的には毎週末会うようにしています。
残り20年親が生きるとして、50週×一日×20年=1000日。
多いとは思いません。
年換算すると三年弱。
二十歳過ぎまで、実家で過ごした時間よりも、ずっと短いわけです。

逆にお子さんがいらっしゃる方、
僕にも可愛いのが数匹います。

考えたくもないですが、もし自分の子供が何かで命を落とすことがあったとします。
想像するに地獄の苦しみだと思います。
もしもですが、300万円払えば亡くなった子供と1日、一緒に過ごせるという
仕組みがあったとしたら、僕は払うと思います。
子供と一緒に過ごす一日には、それ以上の価値があるということだと思います。
仕事なんか一日で数万円の価値です。

勿論現状で、その考え方に基づいて生きるのは非常に難しいことです。
一生懸命に働いている人のおかげで世の中周ってますからね。

でも、心のどこかにその思いがあれば、より大切に、より濃密で、素敵な時間を
過ごせると思い、僕は生きています。

「MEMENTO MORI(メメントモリ)」「CARPE DIEM(カルペディエム)」の精神です。

ちょい宗教チックな話になってしまいましたが、
現在の僕の根っこに近い部分にある考え方です。

明日死んでいい生き方。そんなのはないと思いますが、
少しでも後悔のない生き方を、自分で選択して、大切に生きましょう。

今日はこの辺で。
ではサイナラ。
73.png

この記事へのコメント

☞トップページに戻る