バネ止め工程。

こんにちは。 DirtyKennyです。 ブログ書く時間がない。。細々とやることいっぱーい! まぁ言い訳ですが。作業系の記事も結構書いてきたので、パッと書きたいことを思いつくことも減ってきました。 かと言って、奥深き彫金道。。まだまだたっくさん書くべきことあるはずなのに、、、何て言いつつ、書けない理由はただ一つ。 ボリューミーな内容に手を付けるの恐怖症。 この作業奥深くて、書き始めたら止まらんで!とか文章で説明すんの難しすぎやで!みたいなことは、う~ん。。次回以降に書こう状態です。 まぁじきにちょこっとずつ小出しにしていければと思ってますので、なが~い目で、暇なときにまとめて読むぐらいの感じでお付き合いいただければと思います。 っということで、作業系の記事で書きたいことを一つ思いつきましたので、今回はそちらを。 前回も触れた話になりますが、前職場というのが「ウォレットチェーン」などの腰回りアイテムが主力、という珍しいブランドでした。とにかくたくさんの種類のウォレットチェーンを作っていて、色んなデザイン、ギミック、素材のウォレットチェーンをただひたすらに作るという日々が続いていました。 想像いただけるとは思いますが、ウォレットチェーンというのは、色んなパーツが複雑に組み合い、色んな工程を経て、製品となります。 ヤスリをとっても、ロウ付けをとっても、リューターでの作業をとっても仕上げにかかる手間をとっても、とにかく作業量のボリュームでいったらウォレットチェーンがナンバーワンな…

続きを読む

新作「UNITY」seriesリリース。

こんにちは。 DirtyKennyです。 しばらくブログの更新が空いてしまいましたね。すんません。 実際今回の新作の準備に追われて、バタバタと製造作業、PC作業をしておりました。 はい。皆さんをお待たせして、出来上がったのがコチラ。「UNITY」seriesです! 『「団結、結束」などを意味する「UNITY」シリーズです。 クリップにはコンセプトを表現すべく、「SHAKE HANDS」。 連結部分では固く握られた拳で結束の固さを表しました。 チェーン部分には、シンプルな喜平チェーンを採用。 どんなスタイルにも取り込めるボリューム感、デザイン性と、 手に取りやすい価格での販売を実現。 クリップの開閉のたびに交わされる固い握手は、 コンセプト通りの仕上がりとなっています。 ブランド初の試みとなる、グラスハンガータイプのネックレスや、 タトゥーハンドがアクセントとなるブレスレットなど、 信頼できる仲のいい友達や、大切な恋人に送っても喜ばれる スタイリング、コンセプトを持ったアイテムたちです。』 てな感じです。 まぁまぁ苦労しました。笑特にクリップのシェイクハンド部分。開閉のギミックに組み込みたかったので、親指の角度や、長さとかでうまく組み合わなかったりなど実は結構微妙な調整が要ります。 今回は三万円以下のクリップ式ウォレットチェーン。を裏テーマに作製したので、半ば無理やりこの値段です。 ブラス製でもかなり凝ったデザインではあるかなと思うので、お得感はすげーあると思います。 チ…

続きを読む

潰す&締める。

こんにちは。 DirtyKennyです。 さっぶー。そいえば、すっかり書くの忘れてたけど、竹原ピストルのライブに行ってまいりました。 いやぁ~良かったですよ。初ピストルだったんですけど、まずフォークのライブは雰囲気が独特ですね。 みんな聴きに来てる、というかピストルに撃たれに来てる。 ライブハウスだったり、クラブだったりは僕自身暴れに行ってたり、女の子見に行ってたり、、どことなく不純。それがよさでもあるわけですが。 お客さんもやはり、そこそこのお歳の方が多くて、おじいちゃんとかまでいました。熱い熱い部分を消したくないんだろうな。。とか思ったり。 自分の親にもお薦めできるな、と思ったり。 あと新譜もすごくよさげだった。沢山お披露目してくれたんですけど、改めてちゃんと聞きたいなと思いました。 製作中で曲をまだつけてない、詩だけの状態のものを「ポエムを読みたい」といって発表してくれたのですが、これは半端なかった。 そのポエム自体、韻をしっかり目に踏んでて、かなり早口で捲し立てていたので完全にアカペララップでした。きっとちょっと古めの日本語ラップ意識して作ってんなとか思ったり。 けっこー多いんですよね。日本語ラップっぽい雰囲気出してるやつ。多分ですけど竹原ピストル日本語ラップ好きなんじゃないかなーとか思ったり。 だから僕やKAZ、その他の若い人にも届きやすい曲になるんじゃないかな。 MOROHAがフォーク寄りの日本語ラップで竹原ピストルが日本語ラップ寄りのフォークみたいな。 …

続きを読む

☞トップページに戻る